保育所、保育園、託児所の情報を掲載してますのでお役立てください。
保育園、託児所について
無認可保育所
認可園の基準をクリアしていない施設は、認可外施設、無認可保育所と呼ばれています。

1999年に女性の深夜・早朝勤務が可能となり、延長保育や24時間保育の拡充を厚生労働省が求めたにも関わらず、まず対応するべきだった認可保育所がなかなか対応しない中、無認可保育所が受け皿になりました。

1999年以前にも、看護師などの交代勤務が必要な業種では、無認可保育所により女性の就労が実現しています。

けしって認可園よりも「劣っている」わけではなく、小規模園ならではのきめ細かな対応が可能な場合も多いです。

無認可保育所には、事業所内保育所、院内保育所、へき地保育所(市町村が山間部等に設置)、ベビーホテル、駅前保育所、託児所などがありますが、入園は、直接その園に申し込み保護者の就労等は問われません。

ただ、保育料は園が独自に設定していますので低所得者の場合は認可園よりも割高になる事があります。

事業所内保育所や院内保育所の運営はアウトソーシングが進んでおり、保育施設の受託運営を手がける企業は全国各地に誕生しており、また全国展開する企業もあります。
Copyright© 保育園、託児所について All rights reserved.