保育所、保育園、託児所の情報を掲載してますのでお役立てください。
保育園、託児所について
保育の内容、機能
児童福祉施設最低基準及び保育所保育指針に基づき、年齢や子どもの個人差などを考慮した上で保育を行います。

内容としては幼稚園と同じく「健康」、「人間関係」、「環境」、「言語」、「表現」の5領域を根本にしており、保育所保育指針にも5領域が記されている。遊びを通して5領域を学ぶことで生きる力を育てることを重点に置き。

保育の方向、ねらい、季節、行事などを織り交ぜて一ヶ月の保育内容をまとめた月案、一週間の保育内容をまとめた週案、一日の保育の流れをまとめた日案を保育士が作成し、それらに沿って保育を進めていくのが一般的です。

また近年では地域に根ざしていることや保育のノウハウが豊富であるなどの理由から地域の子育て支援センターとして期待されており(実際に子育て支援センターを併設しているところもある)、入所児のみだけではなく地域の子どもと保護者を対象に園庭開放やイベント、子育て相談などを行っているところが増えています。

更に保護者のニーズの多様化に伴い、開所時間以外にも児童を預かる早朝保育・延長保育や、通常保育所に入所していない児童を一時的に預かる一時保育など、様々な形態の保育が実施されています。
Copyright© 保育園、託児所について All rights reserved.